IBARAKI EXPORTS

ENGLISH 日本語

RECOMMENDATION

サバ専用のお酒「SABA de CHU」!

  • SABA de CHU×寒さば味噌煮
  • SABA de CHU×寒さば味噌煮
  • SABA de CHU 寒さば味噌煮
日本酒は、日本国内各地で受け継がれてきた伝統と技術の結晶です。
茨城には、大自然の恵みと豊かな5つの水系のもと、関東地方では最も多い38の酒蔵があります。

明利酒類株式会社は、厳選された酒造好適米を高度精白し、全国新酒鑑評会で金賞を13回受賞している清酒「副将軍」や、梅酒日本一に輝いた「百年梅酒」などを製造しています。

そんな明利酒類の、サバ専用焼酎「SABA de CHU(さばでちゅう)」をご紹介します!

さば煮、シメサバ、サバの水煮、焼きさばなど、様々なサバ料理に合わせてこそ
その味の本領を発揮するという、面白みのあるお酒です。
内容量は、300ml。アルコール分は16度で、蜂蜜、水飴、レモンエキスが入っています。

今回一緒にいただくのは、みうらやさんの「寒さば味噌煮」。

「寒さば味噌煮」は、濃い味噌の風味と魚の持つ脂が渾然一体となって、なんともコクのある味噌煮になっています。
柔らかく煮込んでいるのに、食感はしっかりとしていて、骨までやわらかく、身が口の中でホロホロと崩れていく感じがたまりません!

それを受けるさっぱりとしたSABA de CHUとの相性は抜群!
飲み口が良くて、あっさりとしているけれど、レモンの風味がサバの脂分を和らげてくれます。
スーッと飲めるので、いくらでも行けちゃいそうです。

SABA de CHUとさばの味噌煮、なんとも幸せな組み合せです!
お酒が苦手な人も飲みやすいと思います。

ぜひ、SABA de CHUとさばを一緒に試してみてください。

Menu